法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「ガッツポーズ」

法話   2015/04/11
2015年04月11日放送

本日は四月十一日ですが、何の日かご存知でしょうか?調べてみますと一九七四年のこの日、ボクシングWBCライト級タイトルマッチでガッツ石松さんが世界チャンピオンになりました。その時両手をあげて喜びを表した姿を新聞記者が「ガッツポーズ」と表現したそうで、それから「ガッツポーズ」という言葉が広まったそうです。ということで今日は「ガッツポーズ」の日です。
喜怒哀楽を素直に表現することは日常生活においてもよくあることですが特に、スポーツの世界においてはそれが顕著に見られます。
先日行われた選抜高校野球でも数多くのガッツポーズが見られましたが、その中でガッツポーズを禁止する高校があり注目を集めました。その理由とはまず第一に「次の塁を狙う。ボールから目を離さない」、そして第二に「相手に対する敬意を表す」ということだそうです。
このことは大相撲や将棋、剣道などにも言えることで、その裏にある他者の存在にも目を向けるという態度が表されています。
道元禅師が著された「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」菩提薩埵四摂法(ぼだいさったししょうぼう)の巻には人々が互いに行うべき四つの行いの一つとして同じ事と書いて「同事」が示されております。「同事」とは人と協調していくということです。私たちの生活は多くの縁によって成り立っていますから、時や場所、状況によって常に変化しますが、その中でもより良い関係を築かなければいけません。
気持ちを素直に表現することは決して悪いことであるとは思いません。ただ、相手の姿や立場に自分自身を合わせていくということは、いつも心に留めておくことが必要であると思います。

岩見沢市 孝禅寺
安彦 智峰

最新の法話
2018年06月09日
2018年06月02日
2018年05月12日

一覧へ戻る