法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

「善悪のものさし」

法話   2015/02/14
2015年02月14日放送

 2015年を迎え早いものでもう2ヵ月が過ぎようとしています。世の中の科学の進歩や医療の発達はものすごいスピードで進んでいます。一方で人の善意につけこんだ詐欺事件や家族を殺めるような様々な悲しい痛ましい事件が増えてきています。いつからか世の中は善悪のものさしで考えるよりも損得のものさしで考える世の中になってしまいました。
みなさまは仏教の言葉でよく煩悩という言葉を聞いた事があると思います。煩悩とは、物事を比較することで悩み苦しみが生じます。特に、自分を中心に立てて、自分と他者との比較により苦しみが生まれます。それが、メンツや損得が起きる元凶です。それに対し、一番大切なものは何か、明日自分の命が終わると考えたとき、人はメンツや損得などどうでもよくなるはずです。
曹洞宗の御開祖で大本山永平寺をお開きになられた道元禅師さまは「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」のなかで「無常を観ずるとき、吾我の心生ぜず」と我々にお示しなされました。人の事を思う純心の優しさに触れた時、人は素直になり、エゴが崩れ去ります。そうした地平に立ち戻ったとき、本質でものごとを見る事ができるのです。いまいちど、損得よりも善悪のものさしで考える世の中になる事を切に願っております。

上砂川町 道弘寺
栗原 祥弘

最新の法話
2018年06月09日
2018年06月02日
2018年05月12日

一覧へ戻る