法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2013年3月30日放送

法話   2013/03/30
2013年03月30日放送

今月もあと一日で終りです。この時期は、学生さんにとっても大切な「卒業式」の季節でもあり、私の娘もこの三月、高校を卒業しました。
一般に「卒業」とは「学校を終わること」とされていますが、改めてその言葉を分解してみると「卒」とは「何かが終わる・完了する」という意味を持ち「業」とは「人間の行為・動作・行い」を意味します。つまり「卒業」は学校ばかりのことではなく、一つの仕事を終える全てに含まれており、毎日が「卒業式」なのです。
仏教的に解釈するならば、私たちが一生を終えるのも「人生の卒業」なのです。その間、皆様は色々な悩み・苦しみ・絶望するときもあり、一瞬一瞬それらを乗り越えようと頑張りますが、時には人の助けも借りましょう。自分の苦しい思いを受け止めてくれる人は必ずおります。けして「一人で耐えない・背負わない・無理しない・頑張らない」。人に相談することは、甘えでも我が儘でもありません。
日々の暮らしを「マイナス」にせずに「プラス」にして下さい。だとしても、私達の命は、日々生きてゆくということは、同時に一日一日寿命を縮めている、つまり一日一日「死」へ近づいていることなのです。たとえお金持ちであろうが、どんな「力」を持っていても変えることの出来ない真実なのです。生命を大切にすることが日々への「卒業」へと繋がるのです。
曹洞宗をお開きになられた道元禅師様は「この一日の身命は尊ぶべき身命なり、尊ぶべき形骸なり」すなわち「今日のこの一日、生きている今、ここにある生命はかけがえのない生命であり、変えることの出来ない身体である」
どうか、今ラジオを聞いている皆様、今この時この一瞬を大切に「卒業」していく毎日を送ってみてはどうでしょうか。

北広島市 来広寺
落合 広明

最新の法話
2018年06月09日
2018年06月02日
2018年05月12日

一覧へ戻る