法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2013年2月23日放送

法話   2013/02/23
2013年02月23日放送

私の所属する第七教区青年会北斗会では、夏休みを利用した一泊二日の子ども坐禅会を開催しております。有難いことに会を重ねるごとに口コミで参加者も増え、第四回の昨年の坐禅会には、58名の小学生児童が参加して下さいました。
さて、皆さんは『坐禅』と聞くとどのような印象を持たれるでしょうか?「足が痺れそう」、「厳しい修行」など、大変な事・特別な事と思われてはいないでしょうか。
子ども達の坐る姿、それはまさに開祖道元禅師のおっしゃる『只管打坐(しかんたざ)』の姿でした。 それまで一時も落ち着かず騒々しかった小学生が、お寺の本堂で坐蒲代わりの二つ折りにした座布団に無心に坐る姿は、感動すら覚えました。
最近、月命日のお参りをしておりますと、挨拶のできない子ども達が目につきます。また、親御さんから落ち着きが無い・言う事を聞かないと伺ったり致します。
しかし私が子ども坐禅会を通して感じたことは、心を整え、お互いに感謝の気持ちを以て接することで、たった一泊二日の体験でも、子ども達は目覚ましい成長を遂げるという事でした。
私が子供のころ大人たちから受けた『躾』というものを、改めて理解できた気がします。
皆さんも、ぜひ忙しい現代社会では忘れがちな『謙虚な心』『感謝の心』を思い出し、まずは姿勢を正し、呼吸を整え、心を落ち着ける時間を持つ坐禅を、生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

小樽市 龍眼寺
三浦 崇春

最新の法話
2018年06月09日
2018年06月02日
2018年05月12日

一覧へ戻る