法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2012年4月14日放送

法話   2012/04/14
2012年04月14日放送

多くのお寺では、法要、ご法事などで壇信徒の皆様にも一緒に読経する事を勧めております。私のお寺では、ご法事では必ず全員に経本をお配りし、声に出して一緒にお経を読むことをお願いしております。これは私の師匠である住職が常日頃申している事ですが、お経にはお釈迦様の時代から数百年間は言葉によって伝えられて来たことと、文字によって伝えられたお経も、声に出して読むことで、お経の説く世界がより具現化されると考えられているからです。『般若心経』での最後の経文、「羯諦、羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶」などは特にそうです。

声に出して読む事の良さはお経だけに限りません。声に出す事でその文章が具体的な世界となって目の前に現れ、また大脳も刺激され活性化すると言われています。日本には昔から『言霊』という考えがありましたが、言葉の持つ不思議な力を私どものご先祖が知っていたからでしょう。

最近面白い話を聞きました。七十五歳以上の方が運転免許を更新する時には、何枚かの絵を見せられそれを後で何の絵であったかを書かされるテストがあるそうです。
その絵ですが、・・・・・・例えば「ピアノ、バイク」などを声に出して読む事を命ぜられ、ある方はあんまり馬鹿馬鹿しいので全部を声に出して読まなかったそうです。ところが、いざ書く時に、声に出さなかった物はまったく思い出せなかったそうです。この話なども、声に出して読む事がいかに大脳を刺激しているかを示す良い例だと思います。

是非皆様で声に出してお唱え致しましょう。「羯諦、羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶」

札幌市 北大寺
近藤 晃由

最新の法話
2018年06月09日
2018年06月02日
2018年05月12日

一覧へ戻る