法話

ポッドキャスティング配信データ
ポッドキャスト番組
左のアイコンをiTunesのウィンドウに
ドラッグ&ドロップして登録できます。
iTunesのダウンロードはこちらから

2011年10月15日放送

法話   2011/10/15
2011年10月15日放送

ある夏の日のことです。
お寺に若い御夫婦がお参りに来られました。お母さんの腕には小さな赤ちゃんが優しく抱かれていて、お父さんの手には、三才になる女の子の手がしっかりと握られていました。 お参りが始まるまでも、ご供養のお経をあげているときも、その女の子はずっと、何か呪文のようなことを口ずさんでいます。お経を読んでいる私にはなかなか聞き取れません。 お参りが終わりまして、そのご夫婦とお話をしていますと、また女の子がその呪文のような言葉を言いました。そこで私は「お子さんは何度もなにを言っているのですか?」と尋ねてみました。 ご夫婦は照れくさそうににっこりと笑って「私たち家族みんなの名前です。」とおしえてくれました。 おもしろいことに、お父さん・お母さん・女の子・赤ちゃんの名前がしりとりでつながっているのだそうです。 仮に例を挙げてみますと、「たかし・しずか・かおり・りか」といった具合です。リズムが良くて気に入ったのか、最近いつも口ずさんでいるのだそうです。
お寺はお釈迦様からのおしえを代々護っているところ。ご供養はご先祖様からの命のつながりを確かめ感謝すること。女の子はそれと同様にとても大事な、今の命のつながりを、しっかりとお唱えしていたのです。
ご夫婦の笑顔と繰り返される女の子のやさしい呪文に、楽しく新しい形で家族の絆を感じさせていただき、心があたたかくなった出来事でした。

士別市 玉運寺
坂野 亮宗

最新の法話
2018年06月09日
2018年06月02日
2018年05月12日

一覧へ戻る